Lloyd Hotel & Cultural Embassy - Amsterdam, Noord-Holland, 1019 BN, Netherlands
  • Lloyd Hotel Platform
  • Lloyd Hotel exterior view

私たちについて

アムステルダムにあるロイドホテル&カルチュラルエンバシーは1つのホテル館内に1ツ星から5ツ星までの客室を備えた、世界で初めてのデザインホテルです。全タイプ、文化背景の違う全てのゲストにとってのアムステルダムでの「ホーム」を提供することで、それぞれの文化の共有が出来ると。ロイドホテルはこのような信念をもって運営されています。

ロイドホテルの二人の創始者

  • full love inn

ロイドホテル&カルチュラルエンバシーの創始者は美術史家で90年代に倉庫「フリースハウス・アメリカ」でいくつものパーティーを企画運営したオットー・ナンと、キュレーターとして、また斬新さで一躍有名になったレストラン「サパークラブ」をリースベス・マインリーフと共に手掛けたスザンヌ・オクセナーの二人がロイドホテル&カルチュラルエンバシーを構想、実現しました。二人は現在でもホテルのディレクターとしてホテル経営を共に行っています。

90年代半ば、アムステルダムでは市の国際的な地位向上を巡った議論が盛んに行われていました。特に議論の焦点となったのは、国際的なアートの世界においてのアムステルダムの地位向上を目指し、もっと注力すべきである、という点でした。

同時期、アムステルダム市議会では市の東の波止場エリアの活性化を目指した、意欲的な開発プランが持ち上がっていました。このエリアは当時、港として、また倉庫は多くのスクワッター(不法居住者)たちが不法に住み着いていました。

オクセナーとナンは上記二つの状況から、文化的な旅客を重視したホテルを建てることを考えました。外国でその国の文化を伝える機関である文化大使館、ロイドホテルのカルチュラルエンバシーは、アムステルダムにおけるオランダ文化の大使館として、世界中からのゲストの文化との交流を促しています。

この壮大なプランを実現するための必要なチーム編成や投資家の誘致、建築プラン作りなどで、ロイドホテルの完成までには8年の歳月が費やされました。個人投資家と不動産会社によって、計画の遂行に必要とされた堅実な経済基盤も提供されました。

2011年12月には、スザンヌ・オクセナーとオットー・ナン、ヘリット・フローンにより、アムステルダムの中心部にもう一軒の新しいホテル「ホテル・エクスチェンジ」がお披露目となりました。

受賞歴

  • Lloyd Hotel Platform

ダッチ・デザイン・アワード、ベスト・クライアント賞(2012年10月)
タイムアウト・マガジン、ベスト・ホテル賞(2010年10月)
スザンヌ・オクセナーにベノ・プレンセラ賞(2009年11月)
フレーデマン・デ・フリース賞(2006年11月)
タレント・デゥ・ルクセ(2006年11月)
クラウディ・ヨングストラにアムステルダム・プライズ・アワード(2006年1月)

予約